作るときの知識

サッカーユニフォームの年代別の特徴

サッカーのユニフォームは年代によって、それぞれ特徴があり、サッカーユニフォームを見ればその年代のトレンドを知ることができます。1930〜1950年代の日本代表の特徴としては左胸のところにある日の丸が刺繍されていて、袖は、7分丈という特徴があります。また、ロゴやスポンサーなどは入ってなく、パンツはちょっとゆったりとしたものが使用されていました。1960年代の特徴としては、ロゴが入り始め、パンツの丈が前の年代に比べ短くなりました。1970年代前半は、今まで1色しか使われてこなかったが、2色使われるようになりました。1970年代後半からは、代表チームが契約を結んだスポンサーの名前が付けられるようになりました。

サッカーユニフォームが持つ機能

サッカーユニフォームは基本的に、シャツ、パンツ、ソックスが使われます。サッカーユニフォームに使われる素材は通気性がよく、吸汗性、速乾性があるポリエステルを用いている他、ストレッチ性の素材も使用しています。サッカーはとても激しく動くスポーツなので、それらの性質を持ったユニフォームの素材が重要になってきます。また、サッカーワールドカップやオリンピックなどの世界的な大会で使用されるユニフォームは、そのときの最新の高機能素材が使われています。プロが使用しているものと同じデザインのレプリカもあります。それは、プロが使用しているユニフォームと同じ素材ではないが、ポリエステルは100%使用しているので、運動するときの服装としては大変有効です。